厚生省が推奨しているんです。

適切な葉酸の摂取の結果、赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が明らかになりました。
そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が推奨しているんです。
今では葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品として、妊婦が利用しているケースも多いそうなんです。
妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。
葉酸は胎児の健やかな成長を促すために最も大切な成分ですが、仮に葉酸が欠乏してしまうと、どのようなリスクがあるのでしょうか。
葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天性の障害を発症する要因になるという研究結果が報告されました。
また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、是非、葉酸の摂取を心がけてください。
葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても摂取が推奨されている事をご存知ですか?実際に病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。
とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方も少なくはないと思います。
もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。
葉酸は自然の食品にも含有しています。
例えば肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。
なので、普段の食事でも多少は摂取できているという事ですね。
さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。
葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。
それは摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。
厚生労働省の発表によりますと、受胎前から妊娠初期の方には一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。
また、厚生労働省が推奨するようにサプリメントを活用するのも良い選択だと思います。
妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、妊娠を計画している段階から、積極的な摂取が求められる葉酸ですが、普段通りの生活を送っていると、継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも良くあると思います。
葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、葉酸サプリです。
容易な摂取が可能ですから、普段の食事で十分に摂取できているのか不安な方も安心できますよね。
妊活なんて聞くと、主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。
しかし、男性にも出来る妊活があるんです。
それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。
不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は母体に限らず、男性に原因がある事もあります。
特に注意すべきは精子の染色体異常です。
受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。
葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。
私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。
結婚して3年目くらいまでは、タイミングを見計らって努力しても、授かることができず、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。
クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、二周期ほどで妊娠できました。
原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。
なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、いつもの食事を改めてみるのも大事でしょう。
栄養をもとに卵子も精子も作られているので、食生活が良くないのを放置していると、受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、期待できませんよね。
妊娠しやすさのためには夫妻そろって偏らない、健全な食生活を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。
妊婦の方の中でも、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が少なくないですよね。
しかし、実は葉酸は熱に弱いため調理の際の加熱によってどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。
一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、足りないという事もあるので、注意が必要です。
皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、卵巣に影響を与える鉄分は、どちらも不足しがちなものです。
普段の食事で得られる量では十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、サプリで補給するのが簡単でしょう。
葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも売っていますから、こうしたサプリを選べば適切な摂取が、お手軽に出来ますのでお勧めです。
続きはこちら>>>>>いつまでも葉酸は妊婦の味方になります