インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題が起きる可能性もあります。
リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。
治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。
保険適用されることはごくまれで、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることはもちろんです。
加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。
本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。
可能な限りの情報を集めるしかありません。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。
確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというデメリットも承知してください。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもインプラントにして良かった点の一つです。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒歯のクリーニングなんて自宅では困難です