歯科治療の新たな形

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。
セラミックとは要するに陶磁器であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
美的センスに加えて、熟練したスキルが必要不可欠です。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものは金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。
とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、その分、人工歯の寿命にも影響が出ます。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。
後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンという義歯をはめられます。
根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。
インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、そこで調べるのも良いでしょう。
比較的にホワイトニングって効果的なのでしょうか?